尉ヶ峰

(H21年1月18日)

昨年末から引いていた風邪も治り、1ヶ月半ぶりにどこかへ出かけようといくことになりました。
予定を立てていたわけでもなく、朝になってあわてて行こうと決めたので2年ほど前にも登った
奥浜名湖西岸の尉ヶ峰にしました。 今回は冬場の体力維持にちょうど良い低山コースです。

尉ヶ峰は奥浜名湖の北に位置し、旧細江町にある国民宿舎「奥浜名湖荘」のすぐ横に登山口が
あります。自宅から一般道を走り、奥浜名湖荘横の駐車場までは車で2時間ほどかかりました。

国民宿舎奥浜名湖荘です。 この建物の手前に公園の駐車場があり、そこ車にを停めました。
奥浜名湖荘には日帰り温泉があり、登山後の汗を流すには便利です。 急な計画で行動食の
準備がなく、奥浜名湖荘の売店で地元のクッキーを買いました、これが結構美味しかったです。

奥浜名湖荘の道路を隔てた向かいに尉ヶ峰ハイキングコースの入り口があります。

最初の200mほどはハイキングコースというよりお地蔵さんの参道といった感じです。

たくさんのお地蔵さんが並んでいましたが、新しい前掛けと毛糸の赤い帽子をかぶっています。
正月を前に地元の方が作ってくれたんでしょうね。道路向かいの地蔵さんは黄色い帽子でした。

ハイキングコースは道路に出たり、林に入ったりを繰り返して本来の登山口にたどり着きます。

途中にある「夕陽台」という休息場所です。看板にはここから見る夕陽がきれいとありましたが
周囲には木が生い茂っていて、夕陽を見るにはちょっと無理のある場所に思えるのですが..

途中の木に「南アルプスの見える場所」と木札があり、矢印で聖岳の方向が示してありました。
この日は見通しも悪く、ここから南アルプスが本当に見えるのか確かめようもありませんでした。

木の隙間から時々浜名湖が見えます、天気が良ければその向うに太平洋が見えるはずです。

コースは途中民家の敷地の中を通ります。 ここには「北大路コレクション」と呼ばれるものがあり
古い民家の門やたくさんの石仏があります。 また山の中なのにボートやヨットも置いてあります。
今回驚いたのは2体のマンモス像が増えていたことで、ここは何とも不思議な空間だと思います。

1時間45分ほどで峠に到着しました、ここには東屋があり何故かイノシシ親子の像があります。

これはお母さんイノシシでしょうね。

こちらは子供のイノシシ、ウリ坊です。 二頭の像は並んで置かれていました。

昼食はカップラーメン、久しぶりにガスバーナーの登場です。 食後は熱いコーヒーとこの時期は
ガスバーナーが大活躍です。東屋に山のガイド本が置かれていて女房が熱心に読んでました。

これが置かれていた本です。なかなか良い内容でしたが図書館や本屋で見たことはありません。

この前来た時と変わらず尉ヶ峰にある標識はこの木板だけです、ちょっとさみしいですね。

尉ヶ峰にはいろんな方向からのルートがあるようで、反対側から登ってくる人もいました。

登山道は落ち葉で敷き詰められていて、石や木の根がわからずつまずくことも度々でした(笑)
帰りは1時間半ほどかかり、山頂での昼食を含み4時間のハイキングでした。 帰りは浜松西
インターから東名を利用して1時間ほどで家に着きましたが日曜なので高速料金は半額です。

登山日記目次へ